「恋愛と結婚の豆知識」の記事一覧

出会いの場を広げる姿勢が大切

クラスメイトやサークル仲間のなかから、彼氏を見つけることができた学生時代と比べて、社会人になると出会いの数が少なくなってしまうものです。 出会いがないと嘆いているだけではなく、出会いの場に積極的に出掛けて行くことで、縁を引き寄せましょう。   友人から誘われた合コンに行ったり、婚活・恋活パーティに参加したり、と前向きになれば、出会いの可能性を広げることは決して難しいものではありません。 色んな人と出会うなかで、視野が広がり、自分に合う男性のタイプを把握することもできるようになります。   最近では、草食系男子が増えていると言われています。 仮に女性に対して好意を抱いている場合でも、必ずしも積極的なアプローチを掛けてくる男性ばかりではないので、気になる男性がいたら、勇気を出して女性側から誘ってみる姿勢も大切です。   男性とのやり取りでは、相手に対する思いやりを忘れないようにしましょう。 LINEやメールでのやり取りは、24時間いつでもできるとは言え、早朝や夜中にメッセージを送ると、相手に不快感を与えてしまうこともあります。   相手の生活ペースをよく考えて、相手の負担にならないようにメッセージを送ることが大切です。 また、メッセージを作成する際には、相手のメッセージの長さと同じぐらいの長さで作成すると、テンポ良くやり取りを続けられます。   相手が心地良いと感じるペースに合わせる優しい心遣いができれば、男性から好意を抱いてもらいやすくなりますよ。

婚活をする上で最も注意すべきことは?

日本における婚活市場は、晩婚化に伴ってどんどん増大しています。 そんな中、30代になった男性たちは、少しずつ周りからプレッシャーをかけられ、婚活を始めるようになります。   しかしながら、今まで婚活に対してまったく知識のない状態だった人が、いきなり婚活を始めようとしても、なかなかうまく進めることは難しいでしょう。 そこで、婚活をする上で最も注意すべきことを確認しておく必要があります。   それはずばり、業者の言いなりにならないことです。どの業界でもそうですが、消費者が自分の頭で考えることを止めて、業者の言いなりになってしまった瞬間、身ぐるみ剥がされるような事態に陥ることは多くあります。   婚活業界でもそれは同じで、婚活業者たちはあくまで婚活ビジネスを展開する立場ですから、どうすれば売上が増えるか、どうすれば儲かるかということを常に考えています。 そんな状況の中、何も考えずに「結婚したいんですが…」と婚活業者を訪れる男性は、まさに鴨が葱を背負ってくるという表現がぴったりくるでしょう。   このように、婚活業者に必要以上のお金を搾取されないためには、しっかりと自分の頭で考えることが重要です。 すなわち、あくまで主体的に婚活に取り組むこと、業者が紹介してくるサービスを頭から受け入れることをせず、自らの最終目標である「結婚」を達成するために効果的だと感じることにだけ、大切なお金を投じるという姿勢が大事です。   このようなメンタリティで婚活に取り組めば、自らの運命の相手と出会う確率も大きく上昇するでしょう。 婚活成功の秘訣とは? 20代の頃は自由気ままに人生を謳歌していた方々も、30代に入ると、「このままでいいのだろうか、結婚をしなくてはならないのでは」という感覚を覚えることが多いでしょう。 30代になって婚活を始める男性は、世間的にも非常に多いのが現実です。   しかし、「婚活」と一言に表現しても、その種類は多くありますし、そもそも婚活の成否は何によって決まるのかははっきりしません。果たして婚活成功の秘訣とはなんでしょうか。   婚活を成功させるためにもっとも重要なことは、昔ながらのことわざの一つである「頭と尻尾はくれてやれ」の精神を実践することです。 つまり、婚活を始めようとする方は、自らが思い浮かべる理想の女性像があると思いますが、そのすべてを満たしてくれる女性が現れることはまずありませんので、ポイントによっては妥協することを覚えなければならない、ということです。   ただし、これは誰でもいいということを意味するものではなく、欲張らない、ということです。 現在の婚活市場では、相手のスペックばかりを見て、欲張ってしまったせいで、いつまで経っても結婚が決まらず、婚活業者にお布施を納め続けている方々がたくさんいますが、これから婚活を始めようとする方は、先人たちの愚を繰り返すことなく、省コストでしっかりと素敵な女性を見つけて、婚活を早々と成功させたいところです。   以上のように、「頭と尻尾はくれてやれ」の精神を実践することによって、必要以上に欲張ることがなくなりますので、自然と自らのスペックに合った素敵な女性とめぐりあい、婚活を成功させることができるでしょう。

社会人になってから彼氏を作る方法

社会人になると仕事を通じて人脈が広がっていく場合もありますが、現実的には会社と自宅の往復になってしまう人も多いです。 限られた人しか接点のない生活ですね。ですが、そんな状況でも彼氏を作ってプライベートを満喫している女性がいるのも事実です。   一体どんな秘訣があるのでしょう。それら言わばリア充女子の皆さんは、たいてい人当たりが良いという特徴が見られます。 要するに愛想がいいのですね。また、付き合いが良いという点も見てとれます。   さらに分析していきますと、その笑顔は主に男性に向けられている事が分かります。 逆に同性に対しては比較的淡白な態度を見せるのです。   ただし、人脈を持っていそうな同性に対しては笑顔になるのですが。 さて、ここからが流れです。   恋愛対象ではないけれども、同年代の同僚がいるとします。 ニコニコ笑顔で接していると会話が生まれます。   会話が生まれると友人関係へと発展します。すると飲み会などに参加する機会が出来ます。   そこでさらに別の男性と知り合う事になります。 もう彼氏が出来る状態が出来ました。   これぞと思う男子がいれば、こちらから誘ってみたり甘えてみるのも良いでしょう。 このようにしてどんどん男性のネットワークを広げていくと、彼氏候補もどんどん登場してくるのです。   モテるモテないは容姿のみではありません。積極的に動くかどうかがポイントなのです。 その基本になるのが男性に対しての愛想の良さです。意外と簡単に彼氏が見つかるかも知れませんよ。

お見合いで結婚をすることの利点

結婚には、大きく分けて恋愛結婚とお見合い結婚とがあります。 昔の社会ではお見合い結婚が一般的に行われていましたが、次第に恋愛結婚をする人が増えてきました。   しかし、最近ではお見合い結婚の魅力が見直されるようになっています。 それは、お見合い結婚に大きな利点があるためです。   お見合い結婚というと、地味なイメージを持っている人もいます。 確かに、恋愛結婚のような華やかさ、派手さのようなものはありません。   しかし、お見合いで結婚しようとしている人は、着実な生活をすることを意識していて、浮ついたところがない場合が多いのです。 結婚というのは、単なる男女交際のような一時的な関係ではなく、将来にわたって寄り添っていく関係を築き上げていくものなので、安心感を持つことができるかどうかが大切です。   恋愛の場合は、あまり深く考えずに交際を始めることが多いですが、お見合いは、実際に相手と会う前にどのような人なのかを徹底的にチェックするものです。 そのため、素性がはっきりとしていて、初めて会う場合でも気持ちの面で余裕を持つことができます。 恋愛結婚によって成功するケースも多いのですが、お見合いによって結婚したカップルの方が、お互いに配慮しあいながら、魅力的な夫婦関係を築くことができるものです。

インターネットを活用して同性愛者を見つけよう

日本はまだまだ同性愛に対する偏見があるために、同性愛者が恋愛対象を求めて同性愛である事をカミングアウトするには辛い社会となっています。 もし、カミングアウトしたとしても好奇や偏見の眼差しを向けられるだけ、と諦めてカミングアウトをしようとも思わない同性愛者も多いです。   昔は同性愛者向けのバーなどに出向くくらいしか同性愛者の出会いの場がありませんでしたが、現在ではインターネットとの有効的な味方が存在します。 インターネットにおいては同性愛者向けのコミュニティや掲示板などが多数存在します。   SNSも発達しており、今ではインターネットを介していくらでも同性愛者が出会いに踏み切るチャンスがあります。 インターネットにおいては半ば匿名で発言できるために、同性愛だとカミングアウトしても社会から名指しで迫害される事もありません。   実生活に影響をもたらさないままに同性愛者の同士を見つけられます。   掲示板、SNS、出会い系、といったツールがお勧めです。 同性愛、と検索をするだけでも同性愛者の出会いの場を提供してくれているサイトが見つかります。   特にお勧めなのは完全無料で利用できるサイトです。 有料サイトとなるとどうしてもお金がらみのトラブルが発生してしまいがちですが、無料サイトであれば気軽に素人の同性愛者を見つけられますよ。   自分から掲示板などに投稿して同性愛者を募るもよし、同性愛者のコミュニティを見つけてコンタクトを送ってみるもよし。 インターネットは利用したくない、との人はやはり昔ながらの同性愛者バーがお勧めです。   お酒を飲みながら同性愛についての悩みなどを打ち明ける事ができ、出会ったばかりでも意気投合し、カップル誕生となる事も。

ネット婚活サイトの選び方、良い点

ネット婚活サイトは色々ありますが、人気なのはユーブライドやブライダルネットです。 どちらも会員数は多いですし、無料登録できるのでどちらにしようか迷うかと思いますが、それぞれメリット・デメリットはありますのでよく理解したうえで利用してください。 ブライダルネット ブライダルネットの良いところは登録は無料で一ヶ月の平均交際成功率が高く本人証明書の提出が必須ですし、会員の7割は写真を掲載しているので安心感につながります。 どういう風に会話をすればよいのかなどコミュニケーション講座もありますしプライバシーマークを取得しているので個人情報の流出といい危険性が少ないです。 ユーブライド ユーブライドは老舗のマッチングサイトであり、登録は無料で格安で24時間体勢でサポートをしているので何か相談事があるときとかも大助かりです。 無料会員でも多少は検索できるので何も出来ないまま終るということは無いと思います。   お金の安さを重視するならユーブライドが良いでしょう。 一方、プライバシーや安全性、事前に容姿を確認してから連絡を取りないなどをを重視するならブライダルネットがオススメです。   ユーブライドは格安ではじめられますがブライダルネットと比べると少しノリが軽い感じです。 本格的に見つけたいという人はブライダルネット、興味があるから連絡を取ってみたいという人はユーブライドが良いと思いますので、きちんと調べてから決めてください。

オーネットとツヴァイはどう違うのか?

結婚相談所の大手と言えばすぐに名前の上がるオーネットとツヴァイですが、どちらも似たような感じもありますが、やはり違いもあります。   まず、オーネットの方は現在では楽天グループであり、ツヴァイはイオングループですので、信用という面ではどちらも大丈夫と思われます。 会員数や会費などはコースなどでかなりおおきな違いもありますので、どちらが良いということは一概には言いにくい面もあります。 どちらを選ぶかは入会者のプライバシーの考え方におおきく依存します。   オーネットの方はインターネットで写真などが閲覧できるのに対して、ツヴァイの方はインターネットでは写真の閲覧は不可能で、それぞれの支社などに出向いて閲覧する必要があります。 たとえば、支社に写真の閲覧に行くのが面倒であるとか、その場所まで行くのに時間や費用がかかるのが嫌だとか、インターネットで自分の写真を見られるのはそんなに抵抗がないというような人はオーネットで支障がないと思われます。   しかし、自分の写真がインターネットで閲覧できたり、他人の写真であってもインターネットで閲覧するよなスタンスではプライバシーの保護の面で不安に感じるという人はツヴァイが良いと思われます。 ただし、先ほども述べたように支社まで出向かなければならないし、全国の津々浦々まで支社はありませんので、その点などはしっかりと確認することは必要となるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ