「2014年5月」の記事一覧(2 / 2ページ)

女性とのメールは紳士になる事で好感を持たれる

女性とのメールのやり取りは苦手だと感じる人も多いと思いますが、実はテクニックさえ身につければメールで女性をその気にさせるのは女性と対面して口説くよりも簡単な事です。 なぜなら、メールは相手とのやり取りに必ずワンクッション入れる事が出来るので、焦らずに女性を口説く事が出来るからです。   意中の女性を口説こうとして失敗する男性の殆どが焦りから余計な発言をしたり、空回りした行動をとって相手の女性に引かれてしまうのです。 まずはメールから意中の女性に好感を持ってもらい、良い関係に進展させましょう。   まず女性とのメールで大切な事はメールの中では紳士になりきる事が大切です。 女性がメールで好感を持つ男性の特徴は、話題が分かりやすく面白い内容の文章を作れ、女性のプライベートに影響しないやり取りが出来る男性です。   一番嫌がられるのが、女性に対して「今何してる?」と頻繁に聞いたり、メールを始めたばかりなのに妙に馴れ馴れしい内容の文を送ったりデートの誘いばかりする事です。 これでは女性も「この人面倒だな」と距離を取りたくなってしまいます。   最初のうちはメールでは相手の女性の暇潰しに付き合ってあげる程度の気持ちで、自分の事より相手が話したいことに対してメールのやり取りをするようにし、相手のプライベートの邪魔になるような時間にメールをしたり、返事の催促をするような事はないようにしましょう。   女性に自分の気持ちをアピールしたいのは分かりますが、相手の女性をやたらに褒めたり会いたいと伝えたりするのはメールでは止めておくのが正解です。   気のある男性からなら嬉しいこともまだよく知らない男性では気持ち悪がられる可能性すらあるからです。   女性に対して紳士的なやり取りでメールを続けるうちに段々と女性の方から心を開いてくれるので、そこから徐々にデートにこぎつけるように頑張りましょう。

女性とメル友になるには

男性の方でSNSなどで女性と知り合い、メル友になり長く続けている方はたくさんいます。 携帯やパソコンでのやり取りは実際に対面して会話をするよりもむしろ難しい部分があります。   仲良くなり絆を深めていくにはそれなりのトーク術が必要で、実際に会えるところまで進展させるには時間も掛かります。   メールでのやりとりでは「推測」と「駆け引き」が重要です。 実際に会いたいという前提があるのであれば、その時の事を想定して言葉を選びましょう。   お互いの自由に「ウソ」が言える状況にありますが、会う寸前になって辻褄が合わなくなるようなウソは最初から言わないことと、相手のウソを許してあげる寛容さが必要です。 あまり「切れ者」は警戒されますので「鈍感でいい人」演じる方がいいかも知れません。   「誰かに裏切られたが許した」などのエピソードをでっち上げるのも、相手がウソを言っていた場合の逃げ道にもなるので最終段階の壁を乗り越える時の事を考えて、さりげなく言っておくのも手です。   とにかく会いたい会いたいという雰囲気でいくと失敗します。 お互い離れた所にいて、いつでも逃げられる状態にあるので、女性の方も冷静でいられます。 ゆっくり自分に事を理解してもらうようにしましょう。   そして人の性格とメールのやり取りに関しての性質は必ずしも一致しないので、返事が早く返ってきたから「脈あり」だとか、中々返信が返ってこないから「あまり好かれていない」とかいうのは必ずしも正解であるとは言えません。 早合点してチャンスを逃さないように注意しましょう。   メールで彼女を作る基本は「紳士的」である事が条件です。 変わった個性の強い男性よりも「常識的な男性」が好まれます。   自分がやり取りしている相手に対する「未知の恐怖」を抱いているのは当然の事なので、まず安心感を与える事が先決になってきます。

女性の興味を惹くメールテクニック

女性の興味を惹くメールテクニック   思い切って意中の女性からメールアドレスを聞き出すことは出来たけれど、「どんな風にメールを送れば失敗しないのか?」と悩んでいる男性も多いかもしれません。   メールはお互いの顔が見えず声も聞こえませんので簡単に思われがちですが、実は文章だけで相手に興味を抱かせたり好意的に捉えてもらうことはテクニックが必要です。   そこで、今回は女性の興味を惹くためのメールテクニックをご紹介したいと思います。   送信頻度は相手に合わせる   メールアドレスを教えてもらうと嬉しくて舞い上がってしまいついつい頻繁にメールを送ってしまうという方も少なくありません。 しかし、アドレスを交換してまだ日の浅い人から頻繁にメールが届くというのは、相手からすると抵抗感があったり、不快であるというケースも多々あります。   そのため、メールの頻度は基本的に相手に合わせる形にすることが大切です。   文章は短く具体的に   1.と似ていますが、好きな人にたくさん自分のことを伝えようと思って10行以上の文章を送ってしまうような方もいますが、これは注意が必要です。   既に相手から好意を抱かれているのであれば話は別ですが、まだお互いがそれほど深い関係になっていないのに自分のことばかり文章にして送ってしまうと、相手からすれば読む気が失せてしまうものです。   ですから、こちらからメールを送る際には出来るだけ文章は短く、そして何が言いたいのか明確な内容にするようにしましょう。   逆に相手から長い文章が送られてきた際には、素っ気なく返すのではなく、興味があるという意思をしっかりと示すことで信頼関係が築けます。

無料で出会うテクニック 運営者情報

サイト名: 無料で出会うテクニック~女性とメールで交際する方法 運営者: 無料で出会うテクニック管理委員会 連絡先:

サブコンテンツ

このページの先頭へ